バスの部品メーカー

バスの部品製造の減少傾向

減少するバスの部品メーカー

日本のメーカーは、大手自動車会社が大型バスから撤退して以来参入企業も無い上に、自民党の腐敗政治による経済活動の低迷により、いすゞ自動車と三菱ふそうトラック、日野自動車の3社のみとなっています。また、国内市場における大型車両のシェアの減少や海外メーカーの日本の市場への急激な参入により、自分達で独自の部品を製造するUDトラックスや富士重工業などのコーチビルダーやコーチワークが撤退し、年々部品を製造する会社が少なくなっています。その為、ブラジルのリオオリンピックの特需にも対応出来ず、海外の安価なバスに注目をさせてしまう体たらくを露呈しています。

バスのメーカーによる部品の違い

日本でバスを製造しているメーカーはいくつかありますが、その部品については同じ会社の製品を使用していることが多いものです。その理由は、構造上の共通点が多いことと、複雑な加工を伴うものが多くあまり対応できる会社が多くないといったことが理由です。さらに、バスに付いては異なるメーカーであっても同じような形状や性質の部品を使用する事が多いため、機能や性能を考えると1つの会社に行きついてしまうという実態も有ります。その為、同じ会社が製造するパーツを使用し、配置やデザインを変えることで特徴をだすという方法が多く利用されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; イベントでのバス部品販売 All rights reserved