カードローンとは

カードローンとは、CD、ATMなどからカードを利用して融資を受けることができるタイプの消費者ローンです。

もともとカードローンといえば、クレジットカードの「キャッシングサービス」と別に、カード会社が会員向けに行なっているリボルビング方式の融資制度で、希望する会員にのみ審査を個別で行ったうえ、カード利用限度額とはまた別に、カードローンの利用枠を設定するものでした。 このサービスによって会員は利用枠内であれば、CD、ATMで自由にお金を借りることができ、キャッシングよりも高額のまとまった資金が借りられるものです。

初めてキャッシングローンを利用する初心者の方は戸惑ってしまうかもしれません。
カードローンという言葉で、ビジネスマンっぽくカッコイイ表現、やわらかい表現には聞こえますが、平たく言えばローンとは借金です。

ですから、戸惑った結果ローンを組まないなら、それはそれで結構なことだと思います。 借金を背負わなくてすむなら、それに越したことはないからです。

お金を借りる前に

金を借りるということを、家族や友人から借りる人も大勢いるでしょうが、そういったことをできない人もいます。

知人に迷惑をかけまいと、自己責任のもとで計画性をもって利用することは決して悪いことではありません。
計画性を持つこと、賢く利用することで、きっとカードローンは頼りになる力強い味方になってくれます。 自分の信用と責任次第で、お金を借りられることのできるカードローンははじめのうちは不安があるものですが、慣れてくるととても便利でお手軽に利用することができます。

ただ、そのお手軽さ故に借り過ぎてしまい、自分の返済能力を超えてしまい借金に押しつぶされてしまう人も少なくありません。 あくまでも、自分の利用できる範囲内を見極め、賢く利用することが大切です。

当サイトでは、お金を借りる際に必要な知識をいろいろとご紹介しています。お金を借りる前に、返すこともしっかりと考えて、計画的なお金の管理ができるように、日頃から心がけましょう。

Yahoo!News

Copyright © カード論(ローン), All rights reserved.